自習からの帰りの電車:

During the day I though of something to write about.
But now I’ve forgotten it.
I remember that it was something worth writing about but now I can’t remember what it was…

何かをなくしたけれど何を何をなくしたのかさえ思い出せない・・・
なんかしら嫌な気分。
でもその嫌な気分でさえ必要ないものだからすぐに忘れる。
と言うことは書こうと思っていたものは実は大したことのないことだったのかな?

Well, since I can’t remember it shouldn’t matter too much.
Right?

いつも忘れてて今回覚えておけたことはありますよ:

image

スリッパと物干し竿の部品でない本物のバイオリン。

It’s apparently called a silent violin and is essentially the electric guitar of violins.
There’s no sound box so you connect it to a speaker and it gives sound from there.
Maybe something along the lines of an amplifier and piezoelectric crystal at the end of the lines?

何はともあれ自習の時は教室にあるこれを使っています。
レッスンの時は先生が予備の木のバイオリンを持ってくるのでその時はそれを使わせていただいています。

———-

部屋:

まだ思い出せません・・・
まっ、いっか。

Keiko tomorrow morning.
Sleep early and will try not to zone out while staves and swords fly about.