稽古帰り:

また稽古後先生と話していたら思いつきました。
今日は稽古以外大してしていないのでこうやって深く考えるものが出るのが出て嬉しいです。

The title of this post directly translated could mean any one of: surplus, composure, margin, room, time, allowance, flexibility, scope, rope.
It’s something nice to have when working or doing anything but I feel it’s not something freely given.
Having it in terms of time would mean you have extra time in which you aren’t being chased down by your job or your life.
If you have it financially it means you can afford to treat yourself or others.
What I want to talk about is having it in terms your spirit, soul, mind, or self.

「余裕のない人」と言うとイメージするのは自分のことしか支えられない他人のことまで考えられない人が浮かびます。
でも余裕がないというだけでは別に大した問題ではないと思います。
他人を養えるほどの余裕がない人はいっぱいいると思います。
金銭的には自分もその一員です。
しかし余裕のある人になるのはみなの目標の一つであったほうがいいと思います。
他人を助けた時の「ありがとう」や作ってあげたものに対しての「すごい」より喜びの気持ちをそそるものは少ないと思います。

What is bad though, is a person who doesn’t recognize that they have it.
Taking on things that they can’t handle and causing trouble for others in the end.
So the first step to acquiring it is to understand that you lack it and then work towards getting it.

でも自分に余裕を持てるようになるには自分に対してのいろいろなことでの自信が必要だと思います。
では、その自信はどのようにつけたらいいのか?
それは努力と苦労しかありませんよね。
ということでもがきながらも悩みながらも苦労しながらも最善を尽くして進みます。
心に余裕を持てる人になるために。

———-

So, no picture or anything today.
Just a look into what sort of ideals I go for and think about sometimes.
And the fact that I apparently get introspective and philosophical when I’m tipsy and alone.