On the train home from keiko:

真剣とは怖いものですね。
カナダの道場での先生が真剣を居合刀だと思って抜いたら手を切ってしまったことを知りました。
そうしたら色々なところから「真剣で切ってしまった」という話が出てきました。
考えてみたら真剣で形をやったらやり方が変わると思います。
「本当に切れる」という意識を持って今度やってみるのも面白いかもしれません。

Another thing we talked about was of the selection of people to train in the system.
The system I learn teaches skills meant to maim and kill (most of the time, it also teaches skills meant to capture if you manage to use them correctly).
So the people who learn must be reasonably skilled, have a stable mental state, and have the correct values.
Since our dojo in Canada is a university program, we get students trying the program but its always a struggle to obtain a sufficient number of participants in order to sustain the program (we have a minimum applicant number we must fulfill).
This can mean two things: our program isn’t too popular, or we’re doing a good job selecting applicants (or tryouts I suppose).
I like to think its the second since I like the system and hope to continue it even after I graduate.

image

五重塔、宮島バージョン。
現代でも背の高い木造の建物は難しいらしいです。
でもあの頃の人たちはあの頃から作っていたみたいですね。
そうしてそれがあらゆる天災に耐えて今まだ立っているわけです。
職人技とはこういうものですね。
どんな時代でもいいと思えるものを作れることはすごいと思います。
自分もそのようなものを残せるほど偉大になってみたいものですがまだまだですね。
頑張ります。